賃貸暮らしのプロが語る“住み替えのタイミング”

変化する賃貸

時代とともに、色々な変化があります。
人が生活を営んでいれば、当然のことでしょう。
かつては当たり前であったことが、今では全く異なっていることもあります。
そうして、変化をし続けることが、生活でもあるのでしょう。
賃貸についても、それが当てはまります。
たとえば、高度成長期では、団地が各地に建設されました。
シンプルな作りのもので、今でもそういう建物が利用されています。
しかし、現在の団地は、高層マンションが集合したようなものであり、より高級感があるようです。
これは、時代の変化とともに、日本が物質的に豊かになったことの証でもあるのでしょう。
このため、団地と言えば、数階建ての集合住宅で、かつ、市や県が管理している住宅ばかりではなくなっています。
これもまた、時代の変化の象徴です。
しかし、より時代を表わしているのは、ペットに関することでしょう。
具体的なことは、別記事でもまとめていますが、ひと時代までは、ペットを賃貸物件で飼うことは、御法度のようでした。
飼えるとしても、特約を設けたり、あるいは、古い物件であることが、当たり前でした。
しかし、今の当たり前は、新築物件でペットを飼うことができ、しかも、集合住宅でも可能ということです。
犬猫とも、同じようであり、今では専用施設が施されているところもあります。
これは、大きな変化と言えるでしょう。
ペットブームが起こり、経営者側がペットと同居可能にしなければ、入居者を集められない現実から来ていることも、否定できない事実でもあります。
それとともに、リフォーム技術が進歩したこともあるのでしょう。
ペットを飼うことを忌避していた理由には、建物を傷つけたり、匂いがついてしまい、入居者の循環がスムーズに行けなくなるのでは、ということです。
要するには、経営者側の独自の判断が強かったようです。
同時に、ペットを飼わない人たちの理解を得ることも、なかなか難しかったのでしょう。
単純な話ですが、犬猫をすべての人が好きな訳ではありません。
また、少子高齢化も関係しています。
今では、犬猫を子供代わりにしている家庭もたくさんあるようです。
しかも、一人暮らしの高齢者が増え、ペットを飼うことで、安らぎを得ている人も多いようです。
これもまた、現代的な特徴でしょう。
いずれにせよ、時代が変われば、社会も変わります。
賃貸物件でも、それが反映されているようです。
これは、建物の形状などにも現れているようで、デザイナーズマンションなどが、典型的なものとも言えるでしょう。

注目度がUPしている賃貸は、実はユーザーが多いこのサイトがイチオシです

Copyright (C)2019賃貸暮らしのプロが語る“住み替えのタイミング”.All rights reserved.