賃貸暮らしのプロが語る“住み替えのタイミング”

引越しをどうするか

住まいを飼える場合に、大きな仕事とも言えるのが、引越しになるでしょう。
もちろん、賃貸においても同様なことが当てはまります。
なかなか住まいを変えない人の中には、資金が足りないというよりは、引越しが面倒という人もいるようです。
荷物次第とはいえ、一大仕事であることは、間違いありません。
このため、住まいを選び、住み始めてから、問題などが起きると、後悔ばかりを感じてしまうのは、致し方のないことでしょう。
けれども、日常を過ごすには、自分の荷物を移動する必要があり、それをすることで、生活が再開できるとも言えます。
こんな面倒な作業ですが、引越しには、二つの方法があります。
一つは自力であり、もう一つが業者依頼です。
まず、自力であれば、もっとも費用が安く済みます。
レンタカー代と手伝ってくれた人へのお礼のみで済むこともあり、コスト面を抑えることができます。
けれども、作業に時間が掛かる傾向があります。
引越しであれば、経験している人も多いでしょうが、それでも、専門業者でないため、作業効率が悪い面があります。
したがって、時間をゆっくり掛けることも大事でしょうが、退去日から一週間を経過すれば、翌月分の家賃が発生することになっています。
したがって、それを十分弁えながらの引越しとなるでしょう。
一方、業者へ依頼するのであれば、作業がスムーズに行き、あっという間に荷物の移動が可能となるケースが多いです。
もちろん、業者選定をきちんと行うことが大事です。
しかし、少し触れていますが、コストが掛かり、費用が伴います。
荷物次第ですが、十万円程度掛かることは、一般的であるようです。
これに、賃貸であれば、契約費用があり、家賃次第では、相当なお金となります。
このため、業者に依頼するのであれば、いかにコストを抑えるかに掛かっているでしょう。
今ではインターネットで一括見積もりなどがあり、ある程度、業者を絞ることが可能です。
あるいは、リピーター割引をしているところもあります。
さらに、不動産屋に紹介してもらえば、提携していると言うことで、割引も可能なようです。
最大で30パーセント程度の割引となるようで、非常に有益と言えます。
仮に10万円の引越し代であれば、7万円で済むということです。
いずれにせよ、引越しは、一大作業です。
じっくり時間をかけながら準備しも、できるだけ、コストを抑えるようにするのが、賃貸物件でも、大事なことであるかと思います。
Copyright (C)2019賃貸暮らしのプロが語る“住み替えのタイミング”.All rights reserved.