賃貸暮らしのプロが語る“住み替えのタイミング”

ペットと同居する生活

現在、ペットの家族化が進んでいるため、ペットと暮らせる賃貸物件が、当たり前のようにあります。
その点については、すでにこのサイトでも触れているところです。
しかし、そうであるからといって、安心ばかりもしていられないでしょう。
実際、ペットを巡るトラブルがあるのが事実であり、特にマンションのような賃貸物件では、それが目立っている面があります。
原因の第一に挙げられるものは、飼い主のしつけがなされていないことです。
特に、犬であれば、長時間無駄吠えをするということがあります。
あるいは、犬も部屋の中を走り回り、階下の住人に迷惑を掛けることもあります。
さらに、共有部分に、犬の糞などが落ちているなどがあります。
これらは、結局、飼い主が、きちんとしつけていないことから起きることです。
むろん、猫でも同様なことが起き、あるいは、小動物であっても、似たようなトラブルが発生します。
特に、犬の場合、鳴き声などが迷惑となり、夜中であれば、なおさら、近隣への迷惑行為となります。
これは、十分注意すべきことでしょう。
しつけの基本は、飼い主との間に主従関係を作り上げることのようです。
そうであるからこそ、群れを好む犬は、飼い主の言いつけを守るようになります。
仮に、しつけが難しいようであれば、然るべき訓練士に相談し、状況によっては、しつけをしてもらうのが、重要になるでしょう。
ペットが飼える物件でも、ペットが嫌いな人も同居しています。
そうであるからこそ、集合住宅でもあるのでしょう。
もっとも、賃貸の一戸建てであっても、近隣住民がいれば、犬の粗相などに気をつけるべきです。
特に鳴き声については、十分注意を払うべきでしょう。
なお、賃貸の集合住宅では、エレベーターなどがあるかと思います。
高層マンションは別にせよ、基本的には、犬などのペットを乗せることはできません。
散歩から帰ってきて面倒だから、と犬などと同乗すれば、マナー違反ともなるため、その点を気をつけるべきです。
また、犬猫などをベランダで飼うことも、あまりよくありません。
ベランダは共有部であり、避難路でもあります。
いざという時に使用できるようにしておく必要があります。
もっとも、犬猫をベランダで飼うことは、危険でもあります。
その点も、飼い主としての自覚が重要になるでしょう。
犬なら大丈夫と言っても、パニックとなれば、数メートルの塀を軽く飛び越えます。
特に、雷などがあれば、パニックとなる可能性があります。
こういうことも、弁えるべきでしょう。
Copyright (C)2019賃貸暮らしのプロが語る“住み替えのタイミング”.All rights reserved.